浅草岳

  新潟県と福島県の県境にある浅草岳(1586m)は、その優美な山稜、豊富な残雪、美しい草原とお花畑で中高年の登山者にもっとも人気のある山の一つである。桜曽根の登山口から、わずか2時間足らずで、頂上に達することができることから、誰でも気軽に高山の雰囲気を味わうことができる。
  6年前に、浅草山麓に県立のエコ・ミュージアムができ、五味沢からの林道が整備されて、途中まで、車で入りやすくなった。従来の桜曽根駐車場は、手狭になったので、ネズモチ平登山口の手前に、大駐車場を作り、その先の林道にゲートを設け、一般車の通行を制限するようになった。(同じような例は、平標山にもある。押し寄せる車の混雑をさばくために、国道脇に大駐車場を設け、その先の林道を閉鎖してしまった)。休日の車の混雑ぶりを考えると、これもやむをえない措置かもしれない。
  桜曽根登山者は、ゲートから登山口まで、約30分林道を歩かなければいけない。林道歩きは良いトレーニングになるし、道の両側には、季節の花が咲いているので、それを見ながら歩けば、それほど苦にはならない。
浅草岳の写真
  林道終点から階段を登ると、「浅草の鐘」があり、道は、ブナの巨木の林へと続いている。しばらくは、ブナ林の中の緩やかな登りが続くが、やがて、北面の視界が開け、守門岳や粟ケ岳などが見えてくる。
  道は、侵食された大石の間の急登となり、展望の良いピークに出る。ここから先は、低木帯となり、三角点のあるカヘヨボッチに続いている。
  ここから、前岳まで、南面の展望を楽しみながら、草原状の斜面の登りとなる。この登りは、登山道の荒廃を防ぐため、2006年から階段道となった。
  前岳の左肩を巻くと、右から鬼ケ面山への登山道が、左からネズモチ平からくる登山道が合流する。前岳から頂上までの稜線には、雪田や、草原があり、ヒメサユリ、イワカガミ、キンコウカ、コバイケイソウなどの高山植物を観賞しながらの楽しいハイキングとなる。植物保護のため、ところどころ木道が敷かれている。途中、右に踏み跡がり、切れ落ちた稜線から爆発火口の跡を残す鬼ケ面山大岩壁を展望することができる。
  山頂手前に湿原があり、絶好の休場であったが、植物保護のため、ロープが張られてしまい、ハイカーは、木製の休憩所でくつろぐことになる。
  茂みの中に切られた道を5分ほど登ると、一等三角点のある浅草岳の山頂だ。山頂からは、越後三山、守門岳、粟ケ岳、会津の山々など360度の展望を楽しむことができる。 ここまで、登山口から、約2時間の行程である。
  山頂のすぐ下で、田子倉ダムに降りる道を右に見送って、直進すると、天狗の庭に出る。みずみずしい草原に、風が吹くと、まるで草の海のようである。(2007,6,12)

■上の写真: 前岳から見た浅草岳    (Ryoji Honda)

■関連  田子倉湖から浅草岳    クロスの雪形-鬼ケ面山

■関連動画  初秋の浅草岳・鬼ガ面山

 関連する写真

浅草岳の写真 浅草岳の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話