坂戸山

  坂戸山(634m)は上杉氏ゆかりの山城であり、史跡に富むとともに、魚沼盆地に突出し、独立峰的な形態をしているので、標高の割には、すぐれた展望を持っている。この山は国指定の史跡であり、当時のまま、城の遺構、曲輪が残されており、春先そこに見事なカタクリが咲く。
  昨年(2012年)東京スカイツリーが開業してからそれと同じ高さ634mを持つ山として話題になった。
  2013年の春、昨年に続いて、新潟県にある634m峰に登ろうという計画を立てた。すでに、弥彦山、多宝山、荒川山は登り終えたので、6月9日(日)半年振りにこの山を訪れた。カタクリの時期は終わっていたが、ヤマツツジが見事に咲いていた。
  関越自動車道を六日町インターで降りる。国道17号線を右折して駅前通りに出、魚野川を渡って、左折すると、すぐ、ディスポート六日町のビルが眼に入る。ビルの前には、広い駐車場があり、町では、登山者はそこに駐車するように呼びかけている。
  ここから、登山口まで、わずかな距離でしかない。登山口まで車が入るが、休日ともなると満杯になる。神社に行く手前右に登山道の入り口があり、そのまま石段を登れば神社の上薬師堂の前に出る。
  薬師堂の裏から、薬師尾根コースが始まる。始めは、なだらかなサクラ並木の道で、左右に観音石像が配されていて、公園風である。10分ほどで、「御居間屋敷」の標柱があり、続いて、一本杉への分岐点となる。
坂戸山の写真
  この辺から急な登りとなり、整備された階段状の登りが山頂まで続く。樹木の丈が低いため、両側、後方とも見通しが良く、5月の始めなら、白いタムシバ、6月の始めならオレンジのヤマツツジの花が彩りを添える。
  30分ほど登ると、右から寺ケ鼻コースが合流する。やがて、花崗岩の露出した岩混じりの道となり、形の良い松の木が現れ、小さな岩場をはしごで越えると、すぐに坂戸山山頂である。頂上には、大きな杉の木が数本と権現堂があり、その周辺はハイカーの憩う広場になっている。広場には、本丸跡を示す「実城」の石柱や看板がある。
  眺望は抜群で、北東方向に八海山が大きく見え、南西方向へ半円の中に、県境の多くの山々が並んでいる。
  この日は多くの地元の人たちが登っていたが、ほとんどが軽装で、水だけをもって駆けるように登って下るトレイルランナーもいる。ザックを担いで、登山靴で登っているのは、遠くからきたハイカーだけのようである。
  南西方向に伸びる尾根の先に、台地状のピークが見える。本丸を取り囲む外城の一つ(小城、大城)である。ちょっぴり縦走気分を味わって、足を延ばすと、そこは、人影もなく、静かな世界である。山頂部は開放感のある広場になっていて、金城山や八海山の姿がすばらしい。途中の林の中で昼食をとる。
  下山には、城坂遊歩道をとる。尾根コースにくらべて、雪解けが遅いため、カタクリやスミレが遅くまで咲いている道である。裏坂戸コースと分かれ、少し下ると、桃の木平である。ここは、昔の曲輪の跡で、5月すばらしいカタクリの群生地になる。
  この先、沢沿いに何回もジグザグを繰り返すと、一本杉スキー場の上部に出る。スキー場を下って、林道を左に取ると、御館跡(国史跡、カタクリの群生地)に出、朝の出発点、神社の前に出る。
  帰りは、ディスポート六日町から国道291号を通って小出ICを目指す。途中水無川を渡ったところで、右折をして、水無川沿いに進んで、荒山の神社付近まで行く。この付近から見る駒ケ岳の姿はまことに雄大であり、一見に値する。(2013年6月9日)

■上の写真: 大城縦走路から見た坂戸山    (Ryoji Honda)

■関連動画  坂戸山からの展望11月

 関連する写真

八海山の写真 八海山の写真 坂戸山の写真 坂戸山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話