雷山

  雷山(378m)は早出川と仙見川に挟まれた尾根の北の端にある小さな山である。不動堂付近の早出川から見ると、端正な独立峰のように見える。地元の人によって大事に整備され、小学校の遠足にも登られている山だということだが、一般に紹介されることはなかった。2013年4月14日に行われた山開きの記事が4月17日の新潟日報に載った。それ以来、私を含めて、この山に登る人が急増しているということだ。
  国道290号線から中川新の交差点で阿弥陀瀬に向かう県道(435号線)に入る。阿弥陀瀬の三叉路で左折して、早出川ダムに向かう道に入る。仙見川にかかる橋を渡り、右折して川内の集落に入り、永谷寺(りょうこくじ)を目指す。永谷寺から林道を行くと、ゲートがあり、その手前に5,6台駐車できる広場がある。
雷山の写真
  沢沿いに少し歩くと、右手の杉林の中に、雷山登山口の看板がある。ここから、杉林の中、急な斜面をジグザグに登る。2合目の標識を過ぎると、雑木の林が現れるようになり、緩急の登りを繰り返すようになり、やがて5合目だ。この時期は、下草にイワウチワやカタクリが咲き、木立の間に見える白い花はタムシバだろう。
  樹木が切れると見晴し台だ。菅名連峰や早出川の景色が良い。「頑固松」「堀切」を通過し尾根コースと沢コースの分岐を過ぎるとすぐ頂上だ。
  途中登山道の枯れ枝を拾っている地元の人に会った。6年前に作った登山道をきれいに保つためだということである。その後一緒に登って話を聞く。
  駐車場から頂上まで、約1時間。頂上は大きな杉の木がまばらに立つ平坦地で、その中央付近に、三角点の標石と頂上の看板、雷城の跡などがある。
  頂上の広場を突っ切って末端に出ると、すばらしい展望が広がる。この高さでこの景観が見えるとは驚きである。白山、毛石山、権現山、木六山、日倉山、マンダロク山と続き、締めくくりに菅名連峰(風越山、不動堂山)が見える。
  頂上左下の平地にブルーシートの山小屋があり、私が入ったときには、薪ストーブが赤々と燃え、子ども連れの地元のおばさんがお弁当を食べ、談笑していた。この小屋は地元の人によって、大事に管理されていて、炊事用具の他に、地図や写真などの展示物があった。
  フキ味噌の味噌汁や白菜漬けをご馳走になって、この山の由来や伝説を聞く。5月の半ばを過ぎるとこの山にはヒルが出てくるので、要注意ということだった。
  下りは展望にも花にも恵まれている同じ道(尾根コース)を下る。下山後山麓の名刹永谷寺に立ち寄る。境内の手入れも良く、桜が咲いていてとても美しかった。清潔で、展望の良い山、なによりも地元の人たちがこの山を大切にする気持ちが伝わってきた。(2013年4月22日)

■上の写真: 不動堂付近から見た雷山    (Ryoji Honda)

雷山の写真

■雷山山頂から見た毛石山

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話