磐梯山-猪苗代スキー場から

  磐梯山には、山麓から頂上に向かって、6本の登山道がある。もっともよく利用されているのは、標高差が小さく、短時間で登れる八方台から登るコースである。噴煙を眺めながら火口壁を登りつめる裏磐梯スキー場からのコースは、緊迫感がある。
磐梯山の写真
  お勧めは、展望が良く、変化に富んだ猪苗代スキー場からのコースである。途中に、赤埴山、鏡池、沼の平などのビューポイントがあり、ここから見る荒々しい東壁をまとった磐梯山はすばらしい迫力である。
  2010年5月20日の朝、猪苗代町の民宿から猪苗代スキー場に向かう。リフトの終点までは、スキー場の作業道をじっくりと登る。約1時間30分で一合目の天の原に着き、ここからは樹林帯に入る。
  途中から赤埴山の巻き道に入る。巻き終ったところに、赤埴山の分岐点がある。
  そのまま、見送って、鏡池、沼の平を経て、火口壁の上部に到着する。登山道は、爆発火口の上部で左に折れて、火口壁に沿って急登し、黄金清水、お花畑を経て、売店と水場のある弘法清水に行く。
  ここから、最後の急登を登りつめると、天に突き出た磐梯山の山頂に到着する。独立峰だけに、360度の大展望である。
  下山は同じ道をとり、分岐点から赤埴山に登る。そこから見る磐梯山の全容も捨てがたい味がある。(2010年5月20日)

■上の写真: 沼の平から見た磐梯山    (Ryoji Honda)

■関連動画  磐梯山-猪苗代スキー場から


 関連する写真

磐梯山の写真 磐梯山の写真 磐梯山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話