岩木山

  2014年度のJR東日本の大人の休日会員パス(17000円)を利用して、6月26日から1泊2日で青森県岩木山(1625m)に行くことにした。
  岩木山は津軽平野の中心にそびえたつ青森県の最高峰で「津軽富士」と呼ばれており、美しい裾を引いたコニーデ型の火山である。8合目まで通じる岩木山スカイラインが開通してから、多くの人で賑わうようになった。
  6月26日(木)新潟発8:27のいなほ1号に乗ると、秋田には12:02に到着する。ここで、秋田発12:44のつがる5号に乗り換えると、弘前には、15:16に着く。適当なバスがないので、タクシーを使って岳温泉に行く。今日の宿泊は岳ホテル(0172-83-2045)である。
  温泉から歩いて10分のところに、ミズバショウ公園があり、夕食前に散策する。ここから秀麗な岩木山の姿を見ることができた。
岩木山の写真
  6月27日(金)岳温泉発8:30のシャトルバスに乗り、岩木山8合目に向かう。美しい樹林の中をバスは何回もジグザグを繰り返して登っていく。
  8合目の終点駐車場から鳥海山の肩まで一直線に登山リフトが伸びている。リフトの終点から少し登ると、右に鳥海山の分岐がある。わずかな登りで岩が露出した展望台に着く。ここから眺める岩木山は御倉石の岩場を前面にした荒々しい姿である。 分岐点で直進して下れば、鳥海山と岩木山の鞍部に着き、ここには鳳鳴避難小屋がある。
  ミヤマキンバイの咲く露岩の第一おみ坂の急斜面を登り切って振り返ると、鳥海山や登山リフトが見え、その先に続く広がる津軽平野が輝いている。 6月の天気は不安定で、このころから山頂部にガスがかかり始めた。
  浮き石に注意して、第二おみ坂の岩石帯を登り切れば、山頂に着く。巨岩が重なる山頂には、一等三角点、岩木神社の奥の院、避難小屋などがある。ガスに包まれて展望は得られない。リフト山頂駅からゆっくり登って約1時間。
  下りはとりあえず同じ道を引き返す。鳳鳴避難小屋から左に折れて、百沢コースに入る。露岩の急な斜面にはところどころ雪も残っている。その間に鮮やかなピンク色のミチノクコザクラが咲いている。下り切ったところが種蒔苗代で、小さな池が現れる。池の周囲には残雪があって、高山の雰囲気がある。周辺がお花畑になるのは、もう少し先のようである。 池の周りの台地の上で昼食をとっていたら、突然シャワーのような雨が降ってきた。急いで雨具をつけて、山頂駅に戻る。雨が小降りになったのを見計らって、リフトで8合目に下る。予定ではリフトに乗らず、8合目まで歩いて下ることにしていた。
  シャトルバスは13:40でしばらく時間があるので、周辺を散策する。この時期斜面の草地にはハクサンチドリがいたるところに咲いていた。
  岳温泉には14:10に着き、バスを乗り換えて弘前に出た。そこから新青森に出て、新青森駅発16:38のはやぶさ28号に乗り、大宮駅で上越新幹線に乗り換え、新潟駅には21:41に着いた。改めて、新幹線の威力に驚いた。(2014年6月27日)

■上の写真 :岳温泉ミズバショウ公園から見た岩木山

■関連動画  初夏の岩木山

 関連する写真

岩木山の写真 岩木山の写真 岩木山の写真 岩木山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話