五頭山-三ノ峰コース

  五頭山(913m)は新潟市から日帰り登山ができる山として昔から親しまれている。磐越道から見ると、五の峰から、一の峰まで5つの峰がきれいに並んで見える。
  登ってみると、一ノ峰の先に、前一ノ峰があり、さらに、主稜三叉路から松平山方向に5分ほど進んだところ五頭本峰(912m)があり、全部で七つのピークからなる。そのすべてを極めるとしたら、結構大変である。
  いくつもの登山ルートがあるが、もっともポピュラーなのは、出湯温泉から烏帽子岩経由で登るコースである。ファミリー登山なら、このコースが良いだろう。
  登山者にとって、村杉温泉の奥村杉キャンプ場から三ノ峰に登るコースがもっとも利用価値が高い。そこには、100台以上止まれる大駐車場がある。ここから、3本の登山道が出ている。右の登山道は、直接五頭連峰の最高峰菱ケ岳(974m)に登るものである。林道をそのまま進めば、スキー場跡に出、左に、五頭扇山コースが分岐する。そのまま、直進すれば、ドングリの森キャンプ場に出、ここに三ノ峰登山道の入り口がある。これらのコースを組み合わせ、力量に合わせた周回コースをとることが可能だ。
  4月21日、久しぶりに三ノ峰コースから五頭山登山を試みた。あわよくば、菱ケ岳の縦走も考えた。
五頭山の写真
  「ドングリの森」からの登山道は見違えるほど整備されていた。最初の急な坂道は階段状の道に変っていた。真新しい丸太で土留めが施され、もっとも急なところには、木製の階段が作られていた。丸太と丸太の間には、木材チップが敷かれているではないか。やがて、尾根上出てなだらかな登りになるが、ここにも、木材チップを敷き詰めた幅広の道が作られていた。丸太の新しさからいっても、この修復は昨年(2007年)の秋に行なわれたものにちがいない。金と労力をかけ、誰がやってくれたのだろうか、それだけこの山を訪れる登山者が多いというだ。
  修復された登山道は4合目まで続いていた。この先は、比較的ゆるやかな登りが続くので、登山道はあまり痛んでいない。この時期、登山道の両脇には、イワウチワがいたるところに咲いていた。
  7合目に長助清水の分岐がある。右の道を約20m進むと、塩ビパイプの先から、小さな流れが出ていた。夏には期待できそうにもない量である。
  このあたりから、傾斜がいくらか増し、やがて、待望の雪を踏むことになった。遠望も開け、谷を越えて、五ノ峰に続く稜線が見えてきた。山頂に近くなると、左側が大きく崩れたところを通過する。谷を越えて、四ノ峰や五ノ峰のピークが見えた。もうひと息登ると三ノ峰の広場に出、その先に避難小屋があった。
  二ノ峰の巻き道は雪で通れないので、雪の斜面を忠実に登降して、二ノ峰、一ノ峰の山頂を踏む。一ノ峰から前一ノ峰までの展望が最高である。前方(北東)には、五頭本峰が三角形のピークを持ち上げ、その背後に、真っ白な二王子岳、飯豊連峰がかすんで見えた。右(南西)には、大小の起伏の続く雪の縦走路の先に雄大な菱ガ岳の姿があった。
  前一ノ峰から先に進めば、三叉路である。左は、五頭山本峰を経て、松平山に至る。右は、中ノ岳を経て、菱ケ岳に通じている。ひとまず、中ノ岳(中間点)まで行って見ることにした。
  途中、菱ガ岳から縦走してくる登山者に出会うだろう。その人から、菱の下りの雪の状態を聞くことができると思った。事実、そのとおりになった。その人の話だと、冬道は、ブッシュが出ていて歩きにくく、夏道の様子はよくわからないということだった。単独行では無理は禁物である。縦走路からは、左に新潟平野が開け、五頭連峰の三ノ峰から、本峰まで一つ一つ明瞭に指摘できた。右には、裏五頭の杉峰尾根の全容が見えた。このことに満足して、中ノ岳から元来た道を戻ることにした。(2008年4月21日)

■上の写真;修復された五頭山三ノ峰登山口    (Ryoji Honda)

 関連する写真

五頭山の写真 五頭山の写真 五頭山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話