松倉山

  稜線や頂から望む大海原と磯の香り、これが島の山旅の魅力である。島の山旅の双璧は、北海道の最北端の利尻島と九州最南端の屋久島にある。両者とも、標高は1700mを越えている。アルペンム−ドにあふれたこの山、利尻岳と宮之浦岳は、深田久弥の100名山に選ばれていて、100名山の登頂を目指す登山者の憧れの的である。
  新潟県の佐渡ガ島にも、島の山旅を味わえる魅力的な山々がある。それは、勿論、大佐渡山脈である。その高さは1000m程度でしかないが、連絡船のフェリ−から眺めたとき、その山並みの高さとスケールの大きさには驚かされるにちがいない。
  主脈に交わる形で、多くの支脈がハンガーのようにのびており、そこにも、顕著なピークがある。今回は佐渡汽船の親睦山行「おとぎの国を思わせるお花が誘う早春の佐渡」(2007年4月7,8日)に参加して、支脈の岨巒堂山(751m)と松倉山(804m)に登った。
  相川から外海府海岸沿いに県道45線を石花まで上がる。「大佐渡自然歩道」と書かれた標柱のところで、右折して、山に向かう。林道は河岸段丘の上に広がる水田を過ぎ、山に入る。約2km、標高約400m近いところまで車が入る。
  そこから、平城畑への登山道が伸びている。この道はハイキングとして使われるだけでなく、放牧の作業道としての役割を担っているので、幅が広く、傾斜もゆるやかで歩きやすい。この時期、道の両端は、可憐なユキワリソウと福寿草がいたるところに咲いている。特に、谷間を埋める福寿草の大群落は圧巻である。
松倉山の写真
  約1時間の登りで、広大な芝生の一端に飛び出る。芝生の斜面を登って、最高点の平城畑(654m)に着く。さえぎるもののない広い芝生を越えて、南に金北山が雄大な姿を現す。西の方向には、これからたどる松倉山の稜線が望める。この辺は、夏場は牛が放牧されるとみえて、とこどこころに牛の糞があり、その中に点々と白いアマナが咲いている。
  ここから少し下って、潅木の中の水平道を約15分進むと、小さな池(ボラ池)に着く。ここは、登山道の重要な分岐点となっている。
  直進する道は、大佐渡自然歩道で、ジャバミ高原を経て、主脈の石花越のコルに至る。松倉山へは、左の斜面を登る道をとる。天然杉の多い林の中を、赤いテープを手がかりに、適当な斜度で登っていく。最初のピークを山頂の手前で左に巻き、徐々に左に回りこんで、松倉山の鞍部に出る。ここからは、佐渡特有の明るく開けた芝とガレ場の登りとなる。さわやかな海風が心地よく通り抜け、実に開放的である。
  山頂の少し手前左に、高ズコウ山につづく登山道の分岐があるが、そのまま、直進して山頂をめざす。わずかな距離でしかない。平城畑から約1時間で標高804mの山頂に着く。
  円頂形の山頂は、四方に広く、芝生とガレ場に覆われており、すばらしい展望が広がっている。南には金北山、北には、ドーム状の高ズコウ山(747m)が頭を持ち上げている。東には、ドンデン山が見え、左(北西)に間峰((907m)に続く尾根をのばしている。
  分岐点から、北に伸びる縦走路は、二つ目のピークから、左(西)に折れて、後尾への下りとなるが、地元でも歩く人が少ないと見えて、一部ブッシュに被われ、不明瞭のところがあるので、地元のガイドなしでは避けるべきであろう。一般的には、同じ道を下山する方が無難である。

■上の写真 : 松倉山(平城畑より)    (Ryoji Honda)

 関連する写真

金北山の写真 松倉山の写真 松倉山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話