大蛇山-大蛇新道

  大蛇山(802m)は宝珠山と菱ケ岳(981m)の中間にあるのっぺりとした山です。山頂付近はブナの原生林におおわれて、見通しはききませんが、静かな雰囲気を保っています。どちらかというと、縦走路の通過点です。
  北蒲原郡安田町の登山愛好者でつくる「山の仲間の会」がこのほど(2001年)下山林道の終点から直接大蛇山へ通じる登山道(大蛇新道)を完成させました。その作業と平行して、大蛇山から、野須張峰(荒沢山)(902m)までの縦走路も切り開いたので、宝珠山から菱ケ岳の登山道が完全につながりました。
  下山林道の終点には、2000年に作られた小朝新道、波多野新道と今回完成した大蛇新道の三つが扇状に並んでおり、主稜に向け、登っています。これらのコースを有機的に結めば、選択肢の多い多彩な登山を楽しむことができます。
  新コース(大蛇コース)は安田町と水原町の境界線である小蛇尾根をたどるもので、全体的になだらかで、登りやすく、初心者向きです。
  国道290号線丸山交差点で右折し、丸山の三叉路で左の下山林道に入ります。急なヘアピンカーブを二つ曲がると、終点です。終点は、約15台の車がおけるほどの広場になっています。ここから主稜に向け三つの登山道が伸びています。一番左の登山道が大蛇新道です。駐車場のすぐ左手に小さな流れかあって、冷たい水が得られます。ここから先は、水はありません。
  流れをまたいで、沢に沿ってしばらく行くと、小さな砂防ダムに突き当たります。左手の斜面をジグザグに登ると、約15分で林が切れ、見通しの良い尾根に出ます。扇のように拡がった形の良い松の木があって、良い目印になっています。
  分岐点で左の尾根に入ると、すばらしいブナの林が広がっています。このコース最大の見所になっています。
大蛇山の写真
  なだらかな登りが小さなピークまで続き、そこには、尖った岩があって、樹間から、大蛇山や菱ケ岳の姿を見ることができます。
  登山道はゆるやかな尾根を進み、やがて、大きく右に曲がります。登山道の上に四角の標石が現れ、以後次々に出てきます。恐らく、安田町と水原町の境界を示しているのでしょう。
  山頂の少し前で、天然杉の茂みが現れます。根元から数本の枝が地面を這うように出ている杉には、「化け物杉」という名前がつけられています。
  ほぼ平らな登山道をたどると、ひょっこり、主稜分岐に出ます。右に曲がれば、数分で大蛇山の頂上です。ブナの林に囲まれた静かな広場には、頂上の標識があり、その下には登山者のあげた玉石が積まれています。登山口から、1時間半もあれば、充分です。
  再び分岐点に戻り、野須張峰(荒沢山)に向います。約20分ほど登ると、植生が短くなって、展望のきく「山の仲間の広場」に出ます。ここで大休止ということでも良いのですが、もう少し頑張って、野須張の頂上まで行ってみましょう。かっては、背の高い竹やぶに囲まれて展望はありませんでしたが、その後伐採されて、南面の見通しがすっかり良くなりました。
  もし余力があれば、360度のパノラマが楽しめる西山見通しどころ(大日山)まで、足を伸ばしてみましょう。近隣の山はもとより、遠い飯豊、会津の山々まで、すばらしい展望が楽しめます。分岐点から、約50分を要します。(2006年9月26日)

■上の写真;大蛇山頂上    (Ryoji Honda)

 関連する写真

大蛇山の写真 大蛇山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話