二王子岳(二本木山)

  飯豊連峰の前衛峰として、越後平野からそびえ立つ二王子岳(1421m)は下越の名山として、威容を誇っている。飯豊連峰とは、胎内の深い谷を隔てて、指呼の距離にあり、南の大日岳から北の杁差岳まで眺望でき、飯豊連峰の西面を観察すには、もっとも適した場所である。
  地元の人はこの山を「二王子さま」と呼んで、大切にあがめてきた。山麓に、二王子神社を、中腹に一王子、山頂に三王子の祠があるのは、その名残りである。
  現在では、山麓の二王子神社まで林道が切り開かれ、広い駐車場ができて、車で容易に入れるようになった。神社の前には、みそぎのための小さな流れや滝もある。最近は登山道の整備も行き届き、えぐられた登山道の代わりに新しい道が切られ、いたるところ、砂袋が階段状に置かれていて、ずいぶん歩き易くなった。
  登山道はうす暗い杉林の中を沢沿いにゆるやかに登っていく。小沢を1、2回超えてから、沢を離れ、尾根を登るようになると、やがて、岩のゴロゴロしたところに出る。ここで一息入れるのが普通である。
  その先に「神子岩」があり、雑木林の中を急登すれば、やがて大きな杉の木が頭上に見え、やがて、平らな杉林の中に、避難小屋が現れる。ここまで、約1時間の行程である。反対側の斜面を少し下れば、流水もあって、春先にはミズバショウが咲いている。
二王子岳の写真
  一王子からは、傾斜は幾分緩くなるが、先はまだ長いからゆっくりとしたペース配分で登ると良いだろう。三角点のあるピークが定高山(994m)で、ここが5合目にあたる。鴨池を過ぎ、もう一つピークを越えると、平坦な広い凹地(湿地)に出る。その先に「油こぼし」の急坂がある。
  「油こぼし」を登りきると、樹木の丈も低くなり、小さな草原も現れて、一気に高山の雰囲気となり、左前方に避難小屋のある山頂も見えてくる。三番目の草原まで来ると、道の右側にびわ池があり、左側の小高い丘の上に慰霊碑がある。
  もう少し登ると、左側の藪の中に三王子の祠を見、さらに低木の中、ひとがんばりすると、奥の院の跡に出る。ここには、アメダスの雨量計も設置されている。ここは、すでに頂上の一角で、風を縫って「青春の鐘」の音が聞こえてくる。尾根に沿って、左に大きく曲がれば、約5分で頂上である。頂上直下には、立派な避難小屋がある。神社から4時間の行程である。
  屏風のように連なる飯豊連峰の大展望には、誰でも度肝を抜かれるにちがいない。この景色を見るために、春、秋と何回も登る人も少なくない。頂上から、北東方向に黒石山を経て胎内小屋に降りる道があるが、アプローチの長い難コースであり、下山後のアクセスを考えると、このまま同じ道を下山するのがもっとも安全である。

  二本木山(1424m)は、二王子岳の南東にあり、赤津山を経て、二ツ峰に達する長大な尾根のもっとも近いところあるピークである。ここまでは、しっかりした道が切られている。標高は、二王子岳(1420m)よりわずかに高いが、山頂の広場は、丈の低い潅木に囲まれているので、眺望は、ニ王子岳に劣る。そのせいか、ここまで足を伸ばす登山者を見かけることはあまり多くない。二王子岳から、約20分の行程でしかないから、訪れて見る価値がある。
  二王子岳の山頂でくつろぐ多くの登山者を後にして、頂上手前で二本木山(1424m)への分岐点に入る。残雪時なら、奥の院(アメダス観測点)の手前で、雪田を東に横切って、登山道に入っても良い。登山道は、潅木の中を、緩やかに鞍部まで下った後、登り返す。最初のピークを越えた次のピークが二本木山である。途中に小さな強風で曲がったブナの茂みがあるのがめずらしい。
  ちょっぴり、縦走気分を味わった後、潅木の中の小さな広場に着く。広場には、三角点の標石と山頂を示す標柱がある。その先には、道はないから、往路を引き返す。
  二本木山の登りの途中から見るに二王子岳は、前面に幾筋もの谷を落として見応えがある。(2006年10月19日)

■上の写真: 慰霊碑ピークから見た二王子岳    (Ryoji Honda)

■関連動画  秋の二王子岳

 関連する写真

二王子岳の写真 二王子岳の写真 飯豊連峰の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話