不動沢から皇海山・鋸山

  皇海山は群馬・栃木県境稜上にある雄峰で、渡良瀬川と泙川の源流になっている。一帯の山々は足尾山塊と呼ばれ、皇海山はその主峰である。鋸山主峰から望む皇海山は、深い原生林に覆われ、派手さはないが、堂々として、気品すら感じさせる。
鋸山の写真
  この山への登山は、栃木県足尾側からは、日帰りが難しい。深田久弥の「日本百名山」に紹介されてから、登山者も増え、同時にショートカットコースの整備の要望が高まった。
  群馬県側の栗原川林道が1985年に開通し、短時間で往復できる不動沢コースができてから、往復5時間ほどでこの山に行けるようになり、多くの登山者が訪れるようになった。
  ただし、林道は、追貝の林道入口から皇海橋まで約20km、 未舗装で、落石の危険のある崖の縁を何箇所も通る悪路である。
  標高は2144mの立派な山容にもかかわらず、樹林帯が頂上近くまであるために、あまり展望がきかないのが残念である。時間があれば、反対方向(南)に鋭くそびえる標高1998mの鋸山主峰にチャレンジすることをお勧めする。
  不動沢のコルから、針葉樹とササの中を反対方向(南)に進んで小さなピークを越え、鋸山の直下に出る。ロープのある岩場や急なガレ場をよじ登ってようやく頂上に着く。
  展望は第一級、皇海山や日光の山々、鋸山の岩峰と庚申山の眺めがすばらしく、皇海山での欲求不満を一挙に吹っ飛ばしてくれる。(10月)

■上の写真 : 皇海山鋸山

 関連する写真

皇海山の写真 皇海山の写真 皇海山の写真