魚沼スカイライン

  2016年11月5日(土)六日町観光協会が主催する紅葉三昧バスツアーに参加した。
  このツアーは他の旅行社のツアーと異なり、10月14日から11月6日まで毎日運行され、参加者はインターネットか電話で申込み、現地集合(越後湯沢駅)となる。
  我々は、新潟市から自家用車で越後湯沢に行き、越後湯沢駅の近くの駐車場に駐車する。
魚沼スカイラインの写真
  9時15分駅東口で受け付けを済ませ、用意されたマイクロバスに乗りこむ。参加者は約15名でその殆どが県外から来ていた。現地ガイドが同行して、案内してくれた。
  午前中は三國川ダムと八海山ロープウェイで紅葉見物、午後からは絶景の広がる魚沼スカイラインを通り抜ける。
  魚沼スカイラインは、南魚沼市八箇峠から十日町市十二峠までを結ぶ約20kmのドライブウェイである。南北にのびる標高約700mから900mの魚沼丘稜を尾根沿いに縦貫している。一部道幅の狭いところはあるが、全面舗装され、何よりも左右に広がる展望はすばらしい。
  途中五ケ所にある展望台から、南魚沼の町並み、越後三山、巻機山、谷川連峰の大パノラマを眺めることができる。我々のバスは、八箇峠見晴台と護国観音展望台と魚沼展望台の三か所に停車した。しかしほかのビュースポットでも一時停車して、撮影の便宜をはかってくれた。
  護国観音展望台に隣接して、樽山(736m)トレッキングコースの入り口があり、魚沼展望台の後ろに当間山(1016m)のトレッキングコースの入り口があり、自家用車で来た場合は、それらの山の散策を楽しむことができだろう。また、十二峠に下る途中に見下ろす土倉の山村の風景も捨てがたかった。
  バスは越後湯沢駅に戻り、そこで解散となった。同じような形で、春にはカタクリ鑑賞ツアーが行われるということだ。(2016年11月5日)

■上の写真 : 魚沼展望台

■関連動画  2016秋八海山と魚沼スカイライン


 関連する写真

魚沼スカイラインの写真 魚沼スカイラインの写真 魚沼スカイラインの写真