飯綱山戸隠スキー場コース

  飯綱山は北信五岳のひとつで、なだらかな稜線と広大な裾野を持つコニーデ型の休火山である。姿やさしく、どこか懐かしさをただよわせるふるさとの山である。山頂は北峰(1917m)と南峰(1909m)の二峰からなる。アプローチも便利で、登山道もよく整備されており、2000m級の入門登山に最適である。
  独立峰なので、眺望はたいへん良く、特に、屏風を立てたようにつらなる高妻山から戸隠連峰の風景は圧巻である。
  登山道は飯縄高原から登る南登山道、戸隠中社から登る西登山道、戸隠スキー場から瑪瑙山を経由するコースの3本がある。新潟県を起点にする場合、戸隠スキー場から登り、帰りを戸隠中社にとり、「神つげ温泉」で汗を流し、そば処で戸隠そばを賞味するのが楽しい。スキー場コースは、登りながら景色を楽しむことができる代わりに、スキーゲレンデと重なるところがあって、ルートがわかりにくいところがある。
  戸隠スキー場から、ゲレンデ内をまっすぐ登ると、砂利道にぶつかるので、それをたどる。一番下のリフトの終点付近に、注意して見ると、幅の広い踏み跡らしきものがあって、それが、右手の林の中に続いている。(標識はないので、見落とさないように)
飯綱山の写真
  一旦樹林帯の中に入ってしまえば、それが良く整備された登山道であることがわかる。途中小さな沢を横断するところで、冷たい水が得られる。その先、スキーリフトと交叉するあたりで、このコース唯一の標識がある。ほぼ平らなトラヴァース道が、瑪瑙山から下りてくるスキーゲレンデへと導く。ここは、尾根の鞍部になっていて、スキーコースの分岐点になっている。
  ここから、左(東)に曲がって、尾根につけられたスキーゲレンデを一直線に登る。リフトの終点に近づいたら、左手に登山道の入り口があるので、見落とさないように注意。登山道に入って、少し進むと、展望の良い瑪瑙山の頂上に着く。スキー場から、約1時間半の行程である。
  そこから東南に続く尾根を鞍部まで下り、笹や潅木の茂る尾根を登り返すと、やがて、飯綱山の山頂(北峰)に着く。鞍部から、頂上まで、標高差が約250mあるので、1時間はかかる。
  広々とした頂上からは、岩屏風を立てたような高妻戸隠連山、黒姫山、頸城三山、北アルプスの山並みなどの展望が広がる。
  小さな鞍部から、ゆるやかに登り返すと、南峰(1909m)である。ここには、戸隠神社の奥宮がある。その下の分岐点で、左に南登山道を分け、、右の道が西登山道で、展望のきかない樹林帯の下りとなって、戸隠中社に向かって下っている。(2006年8月25日)

■上の写真: 飯綱山北峰    (Ryoji Honda)

瑪瑙山の写真

■飯綱山の登りから見た瑪瑙山

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話