南屏風岳

  蔵王連峰のエコーライン以南の山々(屏風岳、不忘山)を南蔵王と呼んでいる。観光地化した中央蔵王(刈田岳)に比べ、自然がよく保たれており、静かな山旅を楽しむことができる。今回(2006年6月14日)新潟日報のツアーに参加して、南蔵王を縦走した。
  蔵王エコーラインのハイライン分岐点から、登山道に入る。アオモリトドマツの樹林帯を抜けると、前山の登りにかかる。前山の次のピークガ標高1745mの杉ガ峰だ。振り返ると、刈田岳が大きく見える。山腹をらせん状にエコーラインが刻んでいる。ここまでの植物は、アオモリトドマツの林床をミツバオウレン、ミヤマスミレ、イワカガミなどが飾る程度である。
  杉ガ峰を越えて下った鞍部が芝草平である。草原のあちこちに、池塘が散在し、南蔵王随一の高層湿原となっている。初夏の季節には、チングルマやワタスゲ、キンコウカなどが咲くお花畑になる。今回は、時期が早くて、ヒナザクラの白とイワカガミの赤が湿原の中に点々と見られるだけで、期待外れだった。湿原保護のため、木道以外の立ち入りは禁止されており、登山道の修復工事も計画されているようだ。
  次の屏風岳までは、大岩のごろごろしたトヨ状のゆるい登りが続く。この歩きにくい登りにも、木道の設置が計画されているようだ。やがて、主稜の右側を回りこむようになると、視界も広がり、右手(東)に飯豊連峰、朝日連峰が、背後(北)に月山が見えてくる。屏風岳の東面は、名前が示すように、急な崖になっている。
南屏風岳の写真
  標高1817mの屏風岳の山頂を越え、水引入道への分岐点まで来ると、アズマシャクナゲの群落があり、前方(南)に、残雪をつけた南屏風岳と不忘山が広がって、大きな眺めが展開する。南屏風岳までは、ハイマツやコメツツジの低木帯の中の快適な稜線歩きである。
  標高1810mの南屏風岳を過ぎ、小さなピークを越えると、一変して、アルペンムードとなって、稜線は険しさを見せ始める。急斜面のガレ場を下って、三角錐の不忘山に登り返す。
  この時期、この稜線には、色とりどりの可憐な高山植物が咲き乱れ、山上のパラダイスとなっていた。この稜線のお花畑の特徴は、大群落というよりは、多種多様の植物が多彩に咲いていることである。もっとも、目立つのは、ハクサンイチゲの白とミヤマキンバイの黄、ユキワリコザクラのピンクである。それ以外に、ざっと、次の植物に出会った。

  ハクサンイチゲ、ユキワリコザクラ、ミヤマキンバイ、コイワカガミ、チングルマ、ヒナザクラ、ミネズオウ、シラネアオイ、ミヤマオダマキ、ツマトリソウ、ハクサンチドリ、アズマシャクナゲ、ミヤマハンショウヅル、ミヤマスミレ、ミツバオウレン、ムラサキヤシオツツジ、ミネザクラ(前半の杉ガ峰、屏風岳で会った植物も含む)

  大半のガイドブックは、芝草平の湿原のお花畑のすばらしさだけを取り上げているが、南屏風岳と不忘山の稜線には、北アルプスのお花畑にも匹敵するお花畑があった。
  不忘山から南に下ると、やがて、慰霊碑の前に出る。ここで、道は二分するが、われわれは最短距離の左の道を選び、バスの待つ白石スキー場へと下った。(2006年6月14日)

■上の写真: 南屏風岳    (Ryoji Honda)

■関連動画  南蔵王不忘山

 関連する写真

不忘山の写真 南屏風岳の写真 南屏風岳の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話