榛名山オンマ谷・水沢山

  2017年8月4日(金)、関東地区の晴れるのを待って、ヤセオネ峠からオンマ谷を抜け、水沢山に登り、つつじケ丘を越えて、伊香保温泉の見晴駅にいたる約7kmのコースを歩くことにした。
  新潟駅発6:57のとき304号に乗ると、高崎駅には8:01に到着する。高崎駅で上越線に乗り換え、渋川駅に向かう。渋川発8:55の関越バスに乗り、伊香保バスターミナルに行き、榛名湖行群馬バスに乗り換え、ヤセオネ峠に向かう。ヤセオネ峠には9:39に着いた。
  左手の舗装道路をたんたんと下ると、伊香保森林公園の入り口がある。ここには、オンマ谷の風穴があり、二ツ岳とオンマ谷の分岐点になっている。
榛名山の写真
  直進して、ひっそりとしたオンマ谷に入る。この谷は、相馬山と二ツ岳の間にある爆発火口で、底の直径1km、底からの高さ約250mという大きなものである。うっそうとした樹林と茂みの中を進むと、「マユミの原」に出る。
  次第に露岩の多い歩きにくい道になり、ところどころに新しい木の橋が敷かれている。最後に階段状の急な岩の斜面を登りつめて、二ツ岳とつつじケ丘への分岐点に至る。この先つつじケ丘に向かう道は森林公園の一部として、よく整備されている。
  つつじケ峰を越えた先に水沢山分岐がある。右折して水沢山に向かう。はじめはなだらかな登りだが、途中から軽石の多くて滑りやすい登りとなり、山頂に近づくと露岩の多い痩せた尾根になる。
  到着した水沢山山頂は展望がすばらしいいとということだが、この日は霧がかかって遠方の景色は見えない。その代わりに、山頂付近でヤマユリが大きな花をつけていた。
  縦走路に戻って、少し下ると、つつじケ丘休憩所に出る。ここは展望の開けた場所で、晴れていれば、登ってきた水沢山が大きく見える。
  階段状の遊歩道を下って、伊香保森林公園の入り口のある車道に出る。ここから上ノ山公園経由でロープウェイの見晴駅に出る。
  14:30のロープウェイに乗り、バスターミナルで14:37の渋川駅行きのバスに間に合った。高崎駅発16:31のとき329号に乗り、新潟には、17:48に着いた。(2017年8月4日)

■上の写真 : オンマ谷マユミの原    (Ryoji Honda)

■関連動画  2017榛名山オンマ谷・水沢山

 関連する写真

榛名山の写真 榛名山の写真 榛名山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話