鳥海山

  鳥海山は山形、秋田の県境にあって、日本海に裾野を洗う東北第二の高峰である。その秀麗なコニーデ型の山容から、出羽富士、秋田富士と呼ばれ、山麓に住む人々の畏敬を集めてきた。中央火口丘の新山の標高は2236mであり、外輪山の最高峰七高山の標高は2230mである。
  森林限界を越すと、うねるような緑の草原が続き、沢筋や窪地にはいたるところに豊富な残雪があり、草原には、多彩な高山植物の大群落がある。しかし、8合目を超えると、麓から眺めた端正な姿からは想像もつかないような荒々しい火山地形が展開する。単一の独立峰でこれほど変化のある山は珍しい。
  登山コースとしては、11のコースがあるが、1970年に鳥海ブルーラインが完成して、象潟口から登るのが大変便利になった。自家用車なら、同一コースの往復となる。広い駐車場のある鉾立を午前中に発てば、頂上小屋泊まりで、翌日は新山に登って下山できる。7合目の御浜では、眼下に鳥海湖を望む。その先の七五三掛(しめかけ)分岐点で、登りは千蛇谷コース、天気さえよければ、下りは神社から景色の良い外輪山コースを選ぶと良いだろう。
  しかし、この山の真の良さを味わうには、別のコースを下山するのが良い。今回新潟日報旅行社のツアー登山に参加して、9月2日、象潟口から登って、3日変化に富んだ矢島口に下山した。
  朝食後、最高峰の新山に登る。新山に登るには、正面と裏の二つのコースがあるが、どのコースを取るにせよ、るいるいと重なる岩石の間をペンキの矢印を追って登ることになる。頂上の岩峰は非常に狭く、数人の登山者で満杯となるので、時間帯によっては、登山者の行列ができる。
鳥海山の写真
  矢島口に下山するには、一旦千蛇谷に下りて、火口壁を登り返す。登りきったところに分岐点がある。右は外輪山を回って、御浜に至る道で、左に進むと、わずかな登りで、最高峰の七高山に着く。眼前には、岩石るいるいたる巨大なドーム状の新山の偉容が広がり、ドームの左には、優美な稲倉岳の姿がある。
  ここから、北の裾野を祓川に向かって一気に下る。はじめは、岩屑混じりの小石を敷き詰めたような急な斜面(舎利坂)であるが、傾斜が緩むと、緑の草原となり、ミヤマアキノキリンソウやチョウカイアザミの咲くお花畑となる。やがて、道は、溶岩渓谷(氷の薬師)の右側をトラヴァース気味に下るようになる。渓谷の下部には、豊富な残雪があり、アオノツガザクラの大群落がある。七つ釜の渓谷美を右に見て、しばらく下ると、小さな尾根の上に、避難小屋の姿が見える。
  ここから、急なブッシュ帯を下ると、目の前が開けて、七合目の御田の湿原に出る。御田の上部にも雪田がある。六合目の賽の川原(残雪あり)を経て、タッチラ坂を下ると、竜ケ原の大湿原となり、その中にぽつんと祓川ヒュッテが立っている。駐車場はその100m先にある。頂上小屋から、約3時間半の行程だった。(2005年9月3日)

■上の写真: 祓川への下りから見た鳥海山    (Ryoji Honda)

 関連する写真

鳥海山新山の写真 鳥海山外輪山の写真

トップに戻る

山の記録に戻る

山のよもやま話